• TOP>
  • 新着情報>
  • 【生前葬とは】あなたが元気なうちにメッセ

NEWS新着情報

2021.10.25

【生前葬とは】あなたが元気なうちにメッセージを届けられます

「生前葬」とは本人が生きているうちに執り行う葬式のことです。ご自身が亡くなってから残される人たちへ、元気なうちにあらかじめ感謝の気持ちを伝える場として昨今注目を浴び始めています。 この記事では、「生前葬」について解説し、全く新しい生前葬の形である「宇宙生前葬」についても触れていきます。  

生前葬について解説

生前葬でお世話になった人に感謝をお伝え出来ます

「生前葬」とは本人が生きているうちに執り行う葬儀のことです。 多くの場合は、宗教儀式としてではなく、人生でお世話になった方々への感謝の気持ちを示すために行われます。 「本人が主催するお別れ会」と表現すればイメージがしやすいかもしれません。 病が進行して感謝が伝えられなくなってしまったり、認知症により大切な方の思い出を思い出せなくなったりする前に生前葬を行うことで、亡くなった後の後悔を未然に防ぐ方法であるともいえます。 生前葬自体は本人の意思で開くため、希望に応じて葬儀の構成や演出を、ご自身でプランニングすることができるというのも特徴です。人によっては結婚式のような華やかな会にすることもあります。おおよそ100万円前後の予算で執り行う方が多いようです。  

生前葬をすることによるメリット

生前葬を行うメリットを2つご紹介します。   1つ目は先ほどもご紹介した通り、「生きているうちに大切な方へ感謝の気持ちを伝える良い機会となる」ことがあげられます。 「何もできなくなる前に、お世話になった方にお別れの挨拶をしたい」と考える方も多く、自分が届けたいメッセージを自分の届けたい方法や演出を通して届けることが出来るため、ご自身の死後の後悔を未然に防ぐことができます。   2つ目は「残された人たちに迷惑をかけない」ことがあげられます。 生前葬を行うことで、親族やお世話になった方への負担を、心理的にも経済的にも軽減することができます。 生前葬を行った方の中には、死後の葬式を希望せず、火葬のみをしていただきたい、と希望される方もいます。 そうした場合、生前葬は自身の負担で執り行うことが多いので、親族などの経済的負担が減ることになります。 本人の意向を汲んで死後の葬式を執り行うことに対する心理的な重圧から解放されると同時に、経済的にも負担が少ないので、「残された人に迷惑をかけたくない」と考える方の選択肢として、生前葬はより増えていくでしょう。   「生きているうちに大切な方へ感謝の気持ちを伝える良い機会となる」 「残された人たちに迷惑をかけない」 というのが生前葬の大きなメリットであるといえるでしょう。  

宇宙に向けて生前にメッセージが打ち上げられる

宇宙へのメッセージを

当社スペースNTKではこの生前葬として「宇宙葬」を提供しています(宇宙生前葬)。 「宇宙生前葬」とは、生前にご自身の体の一部(毛髪や爪など)メッセージカードをロケットで宇宙空間に打ち上げ、数年間、地球衛星軌道上を周回して地上にいる大切な方々を見守るタイプの生前葬です メッセージを伝える時間・話題作りをすることが出来ると同時に、 ご自身の人生を振り返ったり、ご家族との時間を振り返ったりと、生前のうちに様々な想いを伝えていくことができます。 日本の著名人でも、ビートたけしさんやサザンオールスターズの桑田佳祐さんが宇宙生前葬を施行されたことが話題となりました。 「生きているうちに宇宙に行きたい」という方や、「ご家族や大切な方にメッセージを」という方に特におすすめの手法となっております。  

スペースNTKでは宇宙での生前葬の無料相談を受付中です。

宇宙葬や生前葬の無料相談

「生前葬についてより詳しく知りたい」 「宇宙で生前葬、となるとどのようなことができるのか教えてほしい」 スペースNTKでは、「宇宙生前葬」について資料請求いただくことができます。また、具体的にご相談されたい場合は、無料でご対応いたします。 葬儀プロデュース1000件以上の経験豊富な担当者が、あなたのご希望を丁寧にヒアリングし、あなたに最適なプラン・内容をご提案させていただきます。 お電話(03-6314-6917)またはお問い合わせフォームよりお問い合わせください。

ARCHIVE月別新着情報

月別新着情報